Urban Life Style Lab-----------by Sadao Tsuchiya

イラスト3.tiff

クライアントである企業のウェブ上でのコミュニケーションサイトの構築とその中で暮らしに関する調査を行っています。その発想の原点は無印良品に所属していた時代、またその後の無印良品への支援業務の時代に培ったものが起点になっています。そこではできるだけ具体的な行動を観察しながら、ユーザー自身も意識していない無意識での行動を見つけ出すことをしたいと考えています。どこでなにをしているのか。どのくらいのものを持っているのか、料理の内容や、仕方。また変化する仕事の仕方や内容など、今起きている現実の行動の裏側にある意識の変化を読み取りたいと考えています。今後はアジアで始めている暮らし調査をさらに発展させて深く掘り下げていこうと準備を進めています。

無印良品とみんなで考える住まいのかたち。「みんなで考える住まいのかたち研究会+土谷貞雄編」:エックスナレッジ、2013年出版

本.tiff
2008年から無地良品の家のサイト「みんなで考える住まいのかたち」で展開してきたアンケート結果から読み取ったことをテーマごとに編集し、間取りの提案集を作りました。

三菱地所レジデンススマイラボ:2012年より参画。現在も参画中。

このサイトは2013年グッドデザイン賞コミュニケーション部門で受賞をしています。受賞者は三菱地所レジデンスグループのメックエコライフ。グラフィクデザインナーはインハウスの宮脇優子氏。サイトデザインはサカキラボ。
1.tiff4.tiff5.tiff

インドネシアの暮らし調査
ATAP JAKARTA+HOUSE VISION INDONESIA:2013-2014

インドネシアでは2013年5月から1年間ウェブでのアンケートを6つのテーマで行った。現地で総合地球環境学研究所兼東京大学村松研の研究者林憲吾氏が中心になって活動をしてくれました。また建築家ではギングリッチの山雄一真氏が毎月一緒に参加してくれました。
(テーマはエネルギー、シェアー、車、コミュニティー、内と外、リノベーション)
アンケート2.tiffアンケート5.tiff

無印良品の家サイト「みんなで考えるすまいのかたち」。2008年ー2014年

無印良品の家「みんなで考える住まいのかたち」2007年から始めたウェブ上でのアンケートは2014年5月まで参画しています。一回のアンケートに1万人近い人が参加。特に2008年からの1年間は高い頻度で積極的な調査を行いました。ウェブディレクターはインハウスの斎藤幸恵氏。
muji2.tiff22.tiff

東京建物LISTENアンケート:2011-2013

2011年から2013年までの2年間業務を支援、サイトの立ち上げから運営までを行いました。アンケートは特にマンションの共有部の使い方について多くを考えて提案を行っています。

東京建物1.tiff東京建物2.tiff